[記事公開日]2015/09/15
[最終更新日]2016/06/21

映画 『天空の蜂』 感想 まとめ

スポンサーリンク


こんにちは!

今回は、たまたま見た映画、『天空の蜂』 の感想について書きたい思います。

公式サイトです→ http://tenkunohachi.jp/

tenku


『天空の蜂』って??

平日の午後から妻の時間が取れたので、数年ぶりに2人でランチ。

その後「何か映画でも見るー?」ってことで、公開中の映画を検索。

時間の都合で6つに絞り、妻の意見も合わせた結果、ほぼ『アンフェア』に決まりましたが・・。

  • アンフェア the end
  • ピクセル
  • BORUTO -NARUTO THE MOVIE-
  • ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション
  • 進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 前篇
  • 天空の蜂

東野圭吾 × 堤幸彦監督作品

何となく『天空の蜂』の公式サイト http://tenkunohachi.jp/ を見ると

監督 堤幸彦
原作 東野圭吾
出演 江口洋介
本木雅弘
仲間由紀恵
綾野剛
國村隼 他

おぉー!東野圭吾×堤幸彦監督のタッグだけで面白そうじゃないですか?!更にキャストも豪華です!

江口洋介さん、綾野剛さんが出てるドラマや、映画も好きな作品が多いですし。

公式サイトも中々凝ってて、まるでセールスレターのようでした。(笑

著名人の方々のレビューや、日本縦断モニタリング試写会でのアンケート結果を円グラフで公表してあり、これを見て期待度もMAX!


お薦めできる映画!

こういうのって、「どうせ宣伝でしょ?」って思っていましたが、実際見た結果は・・当たり!でした。

もちろん個人の感想なので、ご意見はいろいろあるかと思いますが、原作を知らない私にとっては、かなりスリリングで、ストーリー展開も面白く、自然に泣ける感動作品でした。

原発問題という現実的な要素も加わり、見終わった後も考えさせてくれる社会派の映画であります。

また、社会派映画にあまり興味の無い?妻もハラハラドキドキのシーンに興奮し、親子の絆(特に子役の方)にも感動していたので、女性の方にもお薦めです。


まとめ・感想

私は原作も読んでませんし、映画のことも知らないで見ましたが、2時間16分があっという間に過ぎる作品でした!BGMも緊張感をあおってくれてよかったです!

原作は今から20年も前の、1995年に単行本が刊行され、時代設定もその頃になっていたようです。

というのも、映画の冒頭のテロップで、出ていたようでしたが、私はそれに気づかず、エンディングでやっと分りました。

「だから車とか、携帯とかあんな古かったんだー?」と、妻に言うと呆れた顔をしていました。(汗

ちょっとだけ残念だったのは、クライマックスでの江口さんと同僚との台詞を掛け合うシーン。「はよ、行かんかい!(早く行け!)」ってなりました。(笑

でもエンディングは原作に無い設定(原作は知りませんが、見れば無いと分ります)ですが、そのシーンでリアルな現実と重なり、涙がほろりきました。

原発問題、親子愛、人命救助、人間関係、いじめ問題、復讐、サスペンスなど様々な要素が詰まった社会派の映画で、お薦めできる映画した!

ブルーレイはこちら↓ DVDはこちら↓

 

原作はこちら↓ 漫画版はこちら↓
スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ